ギャラリー

ギャラリー

野鳥の会

昭和9年6月3日 第一回 野鳥の会探鳥会昭和9年6月3日に須走の日野屋林で第一回野鳥の会の探鳥会が開かれました。
日本各地より、中西悟堂氏のさそいを受けた有名人たちが米山館に集結し、探鳥会が開かれました。
写真はかなり痛んではいますが、北原白秋など誰もが知っている名前が見受けられます。

須走の富士講ギャラリー

特別展 渋谷の富士講-富士への祈り-に掲載された米山館の写真です。

富士山は古くから人々の信仰対象となってきました。 そうした中で、享保18年(1733)食行身禄という行者が、米価高騰などにより苦しんでいた庶民の救済、世直しを願い、富士山で断食して果てます。
その知らせが江戸に届くと、身禄の評判は高まり、彼の弟子たちによって、身禄の富士信仰の教えが広められ、江戸八百八講といわれるほど多くの富士講が作られました。
この講では「先達」と呼ばれる人をリーダーとして、1年に1度、聖地である富士山へ登拝しました。
また彼らは、富士山に登拝できない人たちのために、富士塚というミニチュアの富士山を作りました、千駄ヶ谷の鳩森八幡神社にある富士塚はその1つで、都内で現存する最古のものです。

01 02 03 04 05 06 07 08

富士山

高田荘三氏が撮影した、富士山の写真です。

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11

野鳥

米山館の主人・米山恒久が撮影した、野鳥の写真です。

シジュウカラ

シジュウカラ

イカル

イカル

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ

クロツグミ

クロツグミ

シジュウカラ

シジュウカラ

アカゲラ

アカゲラ

キビタキ

キビタキ

メジロ

メジロ

クロツグミ

クロツグミ

キビタキ(メス)

キビタキ(メス)

ミソサザイ

ミソサザイ

ホオジロ

ホオジロ

キジバト

キジバト

ヒヨドリ

ヒヨドリ

キビタキ(メス)

キビタキ(メス)

アカハラ

アカハラ

明治時代の風景

明治40年夏 富士登山記念

明治40年夏 富士登山記念

客人と共に当家息子達(長男廣樹・左端)(次男帰一・左から二人目)も登山しました。
写真右下部に、軽便馬車鉄道のレールが見えます。

 

明治~大正初期の軽便馬車鉄道

明治~大正初期の軽便馬車鉄道

軽便馬車は御殿場―須走―山中湖―富士吉田までをつなぐ住民の貴重な交通手段でした。(篭坂峠上附近)
当時の写真は、これ以外のものは見当たらない、珍しいものです。(大正初期)

 

Translate »